【戦前・おまけ2】屋号

上槙には一軒一軒の家に家の名前、屋号が付いていた。

「小林さんち」とか言うよりも、屋号を使っていたのだ。

進じいちゃんの家は「おおたね(大谷)」、幸恵ばあちゃんと母の実家は「のぼりはえ(登りハエ)」、ノブヱばあちゃんの実家は「うしろやしき」。

この左側に「のぼりはえ」があった。今は木々が鬱蒼と茂っている。

基本的にはその家の立地条件が関係した名前だったようだ。

「おおたね」は山の間のわずかな平地にあったし、「のぼりはえ」は山の中腹かつ上槙のはじっこに位置していた。