誤解を恐れずに書くなら

私は消費税の増税は賛成。


いま自分は、28歳のくせに再び学生もどきみたいなことをさせてもらっているから(別に親にお金を出してもらっている訳ではないけど←実家に居候中なら同じようなことかな)、お金に余裕があるわけではない。


でも、この国の財政状況についてみてたら、増税反対なんてとてもそんなこと言ってられない。

うちのおじいちゃんは憂国、というか憂世界論者なので、昔からことあるごとに政治について孫に語って聞かせているのだけど、私が覚えている時からでも

「みやま、今この国の借金はいくらあるか知っているかい?国民一人当たり700万円もあるんだよ」

当時の私はまだふわふわしてて(今でもそんなに変わらないかもしれないけど)、「ふぅーん」ぐらいにしか思ってなかったんですが(おじいちゃんごめん)。


それ以来その話をするたびに借金の額がみるみる増えてて、今は国民一人当たり1,000万円。さすがの私も途中から「・・なんか、どんどん借金増えてない?」って危機感を覚え始めたのでした。

この1年くらいは新聞とかでも『日本の財政が危ない』といったような記事を目にすることが多くなって、危機意識は募るばかり。


だから、野田首相が増税を進めようとしているのは心から応援してます。

たかが東京の片隅の一市民だけど。

まだ勉強不足だけど。

でも、できることからやっていくしかないんじゃないかしら?

消費税アップ+コスト削減。

仲間割れしてる場合じゃないよね?

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です