Once in my life (poem)

Sitting in the Sea lounge in Taj with my roomie


It was our dream to visit here and have a cup of tea

for last two years


sophisticated place with

piano performance,

English greetings,

beautiful funitures



Looking down the crowds on the road


They are spending time

watching sea and the beautiful hotel


suddenly,


-How many of them could sit in this lounge?


So huge inequality

just Huge, huge…


Yes, I enjoyed the place and tea


and Yes, I realized that I have been privileged


however, no more Taj for me.


I wanna spend time, energy and money to fill this huge gap among people


because, I believe all human beings are made equally.



* * *

昨日、ルームメイトと一緒にムンバイで一番有名で高級なタージ・マハル ホテルにお茶を飲みに行ってきました。

学校でなら約10円で飲めるお茶が、そこでは約700円。上流階級の人でないととても行けません。

私は日本人だから来られた。

でも、窓の下にはたくさんの人。「この中でいったいどれだけの人がこのラウンジに来られるんだろう・・?」

ふと湧き上がった罪悪感にも似た感情。

そう、この国では人間は平等ではありません。無数の差別が存在しています。

根はとてもとても深く、古い。それがインドの格差の、貧困の源です。

でも、私はほんの小さな一歩からでも、この問題に取り組んでいきたいのです。

そのために、私はここに来たのだから。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です