月: 2014年3月

どこかでの日常 ボンベイからの手紙(詩篇)poem

どこかでの日常

夜明け前に 男の人のうなり声みたいな放送に気付いたならそれはムスリム(イスラム教徒)の祈りの合図朝8時の鈴の音は102号室のおばちゃんのPuja(ヒンドゥーの儀式)アパートを出て、セキュリティガードのおじちゃん(どこのアパートにもマンションにもいる)に「sayonara」を言って。(それが歌詞になっ…